これからの新しい交通広告・OOHを創造する 第4回 Metro Ad Creative Award 2020


について

Metro Ad Creative Awardは「これからの新しい交通広告・OOH」を創造する
メトロアドエージェンシーとともに、東京メトロの交通メディアを最大限に活用し、
新たな価値を生み出すことにつながる表現やアイディアに出会い、
そうした才能の発掘および育成を目的としたアワードです。

募集課題

Metro Ad Creative Awardでは、協賛企業から出された課題に対して、
ユニークなプロモーションアイディアを
「デザイン部門」と「プランニング部門」の2部門で募集いたします。

特別課題に応える活用メディアの特性を活かしたユニークな中づりポスター、もしくは表参道ADウォールの作品を募集します。

  • 社会通念上、公序良俗に反する内容を含むなど不適切な作品は採用できません。
活用メディア
中づりポスター・表参道ADウォール
フォーマット
【中づり】ポスターデザインを提出。天地364mm×左右1,030mm/ PDF形式
  • 実際にポスターになることを前提に制作して下さい。
  • 上部30mmがホルダークワエ部分のため、デザインが隠れてしまいますので、ご注意下さい。
【表参道ADウォール ※B1を想定】
ポスターデザインを提出。高さ1,800mm×幅21,500mm(※等倍縮小)/ PDF形式
  • 実際にポスターになることを前提に制作して下さい。
  • イベントなどの立体展開を行うことは出来ませんので、ご注意下さい。
課題提供企業
株式会社湖池屋 ワタベウェディング株式会社 株式会社伊勢半 TOKYO FM 株式会社ビームス

特別課題に応える活用メディアの特性を活かしたユニークなアイディアを募集します。

  • 社会通念上、公序良俗に反する内容を含むなど不適切な作品は採用できません。
活用メディア
MCV(駅サイネージ)
フォーマット
動画/静止画もしくは企画書(A4ヨコ10枚以内/PDF)
  • 企画書は、A4(ヨコ)サイズ10枚以内、容量は10MB以内にてアドビシステムズ社PDFでご提出ください。
    もしくは動画(WMV9)・静止画(JPEG)を提出。1,920×1,080ピクセル(縦型)
課題提供企業
ハウスウェルネスフーズ株式会社 三菱電機株式会社 株式会社チュチュアンナ

交通メディア紹介

  • デザイン部門
  • プランニング部門
株式会社高橋書店
米国食肉輸出連合会
Uber Eats Japan合同会社
西川株式会社

サイズ

制作物

ポスターデザインを提出/PDF形式

  • 受賞された際、紙以外の特殊素材を使用した作品については、掲出規程上H274㎜×W1030㎜サイズにてリサイズをお願いする場合がございます。

特徴

車両の天井部から連なるように吊るされた広告ポスターです。車両広告の中でも、旅客にインパクトを与えやすく、紙素材だけではなく、立体物や特殊素材を使用した展開も多く、リアルメディアならではのコミュニケーションが可能なメディアです。

企業事例

  • 株式会社高橋書店

    株式会社高橋書店

  • 米国食肉輸出連合会

    米国食肉輸出連合会

  • Uber Eats Japan合同会社

    Uber Eats Japan合同会社

  • 西川株式会社

    西川株式会社

グアム政府観光局
グアム政府観光局
エルメスジャポン株式会社
エルメスジャポン株式会社

サイズ

制作物

ポスターデザインを提出/PDF形式

特徴

トレンドの発信地にある表参道駅の全長約20mにわたる大型広告スペースです。
インパクトのある大型グラフィックの掲出やピールオフも可能なことから、SNSや口コミ効果なども期待できる媒体です。
壁と床を一体化させる空間ジャックなどアイデア次第で訴求力を高めることができる点も魅力の一つです。

企業事例

  • グアム政府観光局

    グアム政府観光局

  • Netflix株式会社

    エルメスジャポン株式会社

ネスレ日本株式会社
ネスレ日本株式会社

サイズ

特徴

駅構内の主要エリアの柱に連続で設置されたデジタルサイネージです。近年ではテクノロジーの進歩によって、よりリアルタイムな放映も可能になってきています。時間や場所、天気や気温など、様々なシチュエーションにマッチした広告展開が可能なメディアです。

対象

新宿駅

制作物

動画/静止画もしくは企画書を提出

  • 動画の場合、秒数制限はございません。

企業事例

  • ネスレ日本株式会社

    ネスレ日本株式会社

応募要項

作品応募
応募資格 : 年齢・職業・国籍は一切問いません。

入賞作品の発表

月刊『販促会議』誌面、『AdverTimes(アドタイ)』(Webメディア)および特設サイトにて発表

審査

クリエイター審査員およびメトロアドエージェンシーが審査
各部門ごとに、グランプリ(1点)、準グランプリ(1点)、メトロアド賞(1点)、審査員特別賞(3点)
学生部門賞(1点)、協賛スポンサー賞(協賛スポンサー社数分)

応募方法

  • - 課題を選択する
  • - 作品をつくる
  • - 対象企業の課題ページから作品を応募する

スケジュール

  • 募集サイトにて
    課題発表

    2020年
    10月9日

  • オリエンテーション

    2020年
    10月下旬

  • 作品応募締切

    2021年
    1月15日13時

  • ファイナリスト
    発表

    2021年
    3月予定

  • 入賞作品発表
    授賞式開催

    2021年
    3月予定

  • ギャラリー
    トレイン運行

    2021年
    5月中旬

※2021年5月中旬
銀座線ギャラリートレイン運行予定!

中づりポスター 選考基準

SNSやスマホの背景を鑑みた、新たな接点として機能する、
斬新なアイディアやデザインを審査・表彰。

  • 「中づりポスター」ならではの表現であること
  • 課題テーマや目的にあった表現であること
  • 課題の特徴を捉えた創造性のある表現であること

表参道ADウォール 選考基準

大きい盤面を活かしたインパクトのある斬新なアイディアを審査・表彰。

  • 「表参道ADウォール」ならではの表現であること
  • 課題のテーマや目的にあった企画であること
  • 課題の特徴を捉えた創造性のある企画であること

選考基準

見慣れたMCV(駅サイネージ)を非日常にする、
マーケティング上の効果を見込める斬新なアイディアや映像表現を審査・表彰。

  • 課題のテーマや目的にあった企画であること
  • 課題の特徴を捉えた創造性のある企画であること
  • 駅ならではの表現であること
  • 映像表現の技術やアイデアをうまく活用できていること

応募上の注意点

応募作品数に制限はございません。1名(グループ)何作品でも応募可能です。

企画書はA4サイズのPDF10枚以内(表紙を含む)、容量は10MB以内で応募ください。なお、一度応募された企画書は一切の削除、修正ができませんので、ご了承ください。公平な審査を行うため、企画書内に所属企業や個人名が特定できるロゴや名前の表記があった場合は審査対象外となります。

既に実施済の企画でのご応募はご遠慮ください。

活用メディアの大幅な改変を伴う企画は実現性の点で審査対象外となる場合がございます。

作品には必ず企画意図を明記してください。

応募作品は、自作・未発表作品に限ります。他のコンテストなどに応募・受賞歴があるものと同一または類似とみなされる作品は応募できません。

応募はサイト上でのみ受け付けます。郵送やメール、持ち込みによる応募は無効となりますのでご注意ください。

株式会社メトロ アド エージェンシー、並びに東京地下鉄株式会社(東京メトロ)への課題に対する問い合わせはご遠慮ください。

応募作品の版権・著作権などの使用に関する権利は、応募の時点で株式会社メトロ アド エージェンシー、株式会社宣伝会議に帰属します。

また、応募作品は応募対象企業のプロモーションに使用できるものとします。この場合、プロモーション使用に関する使用料などは原則発生しません。また、応募作品は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。 審査状況に関するお問い合せには、一切応じられません。

応募時にいただく個人情報は本賞に関するご連絡のほか、株式会社宣伝会議からの各種ご案内に使用させていただきます。

当社のプライバシーポリシーをご確認の上、ご応募ください。 入賞作品については公式Webサイトなどで発表いたします。なお、応募登録時に記載いただいた氏名で発表いたしますので、グループ応募の場合は代表者の個人情報をご記入ください。

株式会社宣伝会議プライバシーポリシー
http://www.sendenkaigi.com/privacy/

賞の構成

部門における最優秀作品

グランプリ

賞金50万円 (各部門 1点)

グランプリに次ぐ、優秀作品

準グランプリ

賞金20万円 (各部門 1点)

主催である株式会社メトロ アド エージェンシーの選考基準を満たした優秀作品

メトロアド賞

賞金10万円 (各部門 1点)

学生かつ、25歳以下のメンバーで制作された作品

学生部門賞

賞品 (各部門 1点)

審査員が特に優れていると評価した作品

審査員特別賞

賞金 5万円 (各部門 3点)

協賛企業が特に優れていると評価した作品

協賛スポンサー賞

賞金or賞品 (協賛スポンサー社数分)

審査員紹介

  • 八木義博氏
    八木義博氏
    電通CDC所属 クリエーティブディレクター/アートディレクター
    国内外をステージにしたノンバーバルなビジュアルコミュニケーションで、企業ブランディングや広告キャンペーンなど、幅広いクリ工ーティブを展開。
    主な仕事に、JR 東日本「行くぜ、東北。」、Panasonic 「LIFE IS ELECTRIC」、日本郵政グループ企業広告、慶應義塾大学経済学部「PEARL」など。
    受賞に、Cannes Design Lions グランプリ、ONE SHOW DESIGN グランプリ、D&AD イエローペンシル、NYADC金賞、東京ADC賞、佐治敬三賞など受賞多数。
  • 尾形真理子氏
    尾形真理子氏
    株式会社Tang コピーライター・クリエイティブディレクター
    1978年、東京都生まれ。2001年に博報堂入社。
    資生堂、ルミネ、キリンビール、日産自動車など大手企業の広告コピーを手がける人気コピーライター。
    TCC賞、朝日広告賞グランプリほか、多くの広告賞を獲得。
    『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』(幻冬舎)で小説デビュー。女性の繊細な心を表現したコピーに共感する女性ファンは多い。
  • 渡辺潤平氏
    渡辺潤平氏
    渡辺潤平社 コピーライター
    1977年生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、博報堂、groundを経て渡辺潤平社設立。
    最近の仕事にGYAO!「キンキカイキン!」、関ジャニ∞「完熟新作」、私立恵比寿中学ツアーポスター、B.LEAGUE新聞広告シリーズ、千葉工業大学「求む、宇宙人。」、渋谷パルコ「Last Dance_」、日経電子版「田中電子版」など。
    京都精華大学非常勤講師。宣伝会議賞中高生部門審査員長。雑誌公募ガイドにて「コピトレ!」連載中。
  • 木村健太郎氏
    木村健太郎氏
    博報堂グローバル統合ソリューション局長/博報堂ケトル 取締役 エグゼクティブ クリエイティブディレクター
    1969年生まれ。一橋大学商学部卒業後、1992年博報堂入社。
    戦略からクリエイティブ、PR、デジタルを越境した統合的なプランニングスタイルを確立し、2006年博報堂ケトルを設立。
    従来の広告手法にとらわれない「手口ニュートラル」というコンセプトで、アイデアを沸かして世の中を沸騰させるコミュニケーションを提案・実施している。
  • 佐藤カズー氏
    佐藤カズー氏
    TBWA HAKUHODO チーフ・クリエイティブ・オフィサー
    1997年Sony Music Entertainment入社。Leo Burnettを経て2009年TBWA HAKUHODO入社。
    メディアの枠を超えたBig Ideaで、これまでに300以上の賞を受賞。
    また2012年カンヌライオンズフィルム部門審査員、2017年カンヌライオンズプロダクトデザイン部門審査員をはじめ、デザイン、デジタル、プロモーションといった多領域に渡る国際賞の審査員をつとめる。
    2011年JAAAクリエイター・オブ・ザ・イヤー・メダリスト。
    2013年Campaign誌Japan/Korea Creative of the Year受賞。
    趣味は広告のパトロール。
  • 吉田宗平氏
    吉田宗平氏
    THE・STANDARD 代表取締役 プロデューサー
    オンラインとオフラインを超えた「ニューリテール」「オンライン展示会」「オンライン接客・商談」「ライブ配信」などのコンセプト開発、デジタルソリューション立案、PR・運営まで全領域を手掛ける。「ポップアップストア」「バーチャルポップアップストア 」「バーチャル(ゴースト)レストラン」「オフィスカフェ」などのコンセプト開発、コンテンツ・空間/施工デザイン、PR・プロモーション、各種申請代行、運営まで全領域をワンストップで手掛ける専門プロデュース会社を2017年に設立。さらに、オンラインとオフラインを統合するコミュニケーションプランニングに数多く従事。2014年より日本初導入のバブルサッカー、ビリッカー、フットダーツなどの発起人かつマーケティングプロデューサーとして、ニュースポーツ業界の新マーケットを開拓中。300以上のメディア実績あり。

受賞作品

  • 2019 デザイン部門 グランプリ作品 この食感を味わえないなんて辛すぎる。

    2019 デザイン部門 グランプリ作品

    この食感を味わえないなんて辛すぎる。

  • 2019 プランニング部門 グランプリ作品 青春でかプリ

    2019 プランニング部門 グランプリ作品

    青春でかプリ

スポンサー紹介

  • 株式会社湖池屋
  • ハウスウェルネスフーズ株式会社
  • ワタベウェディング株式会社
  • 三菱電機株式会社
  • 株式会社チュチュアンナ
  • 株式会社伊勢半
  • TOKYO FM
  • 株式会社ビームス

パートナー企業

  • 株式会社オリコム
  • 株式会社キョウエイアドインターナショナル
  • 株式会社 共立
  • 株式会社 弘亜社
  • 株式会社ジェイアール東日本企画
  • 株式会社 春光社
  • 株式会社 大成社
  • 株式会社 電通
  • 株式会社 東急エージェンシー
  • 株式会社 博報堂
  • 株式会社 博報堂DY media partners
  • 株式会社 博報堂DY outdoor
  • 株式会社ムサシノ広告社
  • 株式会社 エヌケービー
  • 株式会社 OOHメディア・ソリューション

お問い合わせ

TEL

03-3475-7666

Metro Ad Creative Award事務局(宣伝会議内)
受付時間:平日10:00~18:00(土日祝日は除く)

PAGETOP