課題詳細

TOKYO FM

デザイン部門

TOKYO FM

協賛企業

TOKYO FM

応募受付は終了しました。
多数のご応募ありがとうございました。

課題オリエンテーション

部門

デザイン部門

募集課題

AuDeeでオーディオコンテンツを聴取させる企画

募集する企画の目標

ドラマ、ドキュメント、お笑い、アーティスト、声優、インフルエンサー、食など、様々なジャンルのオーディオコンテンツが300番組以上聴けるTOKYO FMのオーディオプラットフォームAuDee(オーディー)の認知拡大と利用促進。

市場の動向や、想定ターゲットとその特徴

近年アメリカではオーディオコンテンツの人気が高まっており、日本においてもたくさんのオーディオコンテンツアプリが生まれています。TOKYO FMは放送局ですが、インターネット領域においても自社のプラットフォームAuDee(オーディー)を通じて、放送番組のスピンオフのみならず、配信専用のオリジナルコンテンツなど、多種多様なコンテンツを配信することで、多くの方にオーディオコンテンツの魅力に触れていただきたいと思っています。

商品やサービスの訴求ポイント

AuDeeはスマホアプリとWebサービスの両方がありますが、どちらでもオーディオコンテンツのプロが制作した多彩なオーディオコンテンツがお聴きいただけます。オーディオコンテンツは音楽と同じくeyes free(アイズフリー)なので、スマホで何かを見ながらでも、電車を降りて徒歩で移動中でもお楽しみいただけます。想像性豊かなオーディオコンテンツを通じて、多くの方の生活が楽しく幸せなものになることを願っています。

応募作品に期待すること

入賞し実際に掲出される作品をもとに、TOKYO FMがそのクリエイティブに沿ったオーディオコンテンツを制作し、オーディオコンテンツプラットフォームAuDee(オーディー)で配信いたします。Metro Ad Creative 2020で、視覚で行動喚起していただき、聴覚でエンターテイメントを提供するという、ポスター広告とオーディオコンテンツが連動した新しい企画をみなさまと一緒に作り上げたいと思っています。多くの方の熱意あるご応募を期待いたします。

制作における注意点等

オーディオコンテンツとポッドキャストはほぼ同じ意味合いですが、広告作品の中で用語として使用する際はオーディオコンテンツと表記してください。比較広告、大音量で聴く内容、ネガティブな表現、政治や宗教に関する表現はお控えください。TOKYO FMおよびAuDeeのロゴは支給データを用い、ロゴマニュアルに従ってください。

AuDeeのWebサイトURLはhttps://audee.jp/です。

App StoreおよびGoogle Playのバッジを使用する際は、AppleおよびGoogleのサイトから日本語のバッジをダウンロードしていただき、「AppleとAppleのロゴは、Apple Inc.の商標です。」「Google Play および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。」の文言を記載するとともに、それぞれのガイドラインに沿ってバッジ周囲に余白を設けてください。

PAGETOP