課題詳細

課題の詳細情報を知る

カシオ計算機株式会社

協賛企業

カシオ計算機株式会社

※当アワード限りの使用とする

概要

「壊れない時計の開発」をキーワードに誕生したG-SHOCKはブランドコンセプトである「タフネス」を商品を軸にしながらスポーツ・ファッション・音楽・アートを通じてコミュニケーションを継続してきました。35周年を迎えた2018年、ブランドのメインターゲットである若者に対して響く「タフネス」を表現する新たなビジュアルを開発してこれからも支持され続けるブランドを目指していきたいと思います。

課題テーマ

若者に響くG-SHOCKビジュアルの開発

メッセージ

G-SHOCKのコンセプトである「タフネス」を商品的タフネス、精神的なタフネスなどに解釈を広げた新境地の驚きと感動のG-SHOCKビジュアル開発を期待しています。

結果発表ページをご覧ください。

PAGE TOP